今、この墓地には0人の方が来ています。

ドラゴンボールのブルマの声で知られる鶴ひろみ様の送る会が開かれました

今まで1人の人がこの方のお墓参りに訪れました。

2017年の11月に急性大動脈解離のため、お亡くなりになった鶴ひろみ様を送る会が1月13日に開かれました。

発起人は青二プロの社長やアンパンマンの声優戸田恵子様など

 上記の他にドラゴンボールの共演者である主人公の悟空役を演じた野沢雅子様などが発起人として挙げられております。

発起人の一人である戸田恵子様は

 

さんざ泣いたからスタジオでは泣かないんだ!

一応リーダーなんだから!と固く決めてスタジオに入ったのに、5分と持たなかった。

皆んなボロボロだ。ボロボロのズタボロだ。

先週居た人が、今週は居ないなんて。

と、故人様が亡くなった直後は悲しんでおられました。

送る会の出席者は共演した声優様など総勢400名を超えました

バイキンマン役を演じていらした故人様と同年代の中尾様も

面倒見がよくてお酒が好きな、男前な方でした。2人で同時にせりふを読むときや、アドリブの時でも、何も言わなくてもこちらに合わせてくれた

と、送る会にて故人様を振り返ってらっしゃいました。

 

また、アニメ、アンパンマンでチーズ役で故人様と共演していた山寺宏一様は以下のようにコメントしています。

「こういう送る会をしてもまだ信じられない思いでいっぱいですね。送って差し上げなくてはいけないんですけど、そういう気持ちには、今の時点ではなかなか……」

「(故人様は)本当に男前な方という感じですね。ズバッとものを言うし。でもとっても繊細な女性らしいところもあって、気遣いがすごいんです。みんなが気がつかない細かいところまで気づいたり、優しい言葉をかけてくださったり」と振り返り、最後に「大好きな鶴さん、本当にありがとうございました。鶴さんの分も、これからも作品で頑張っていきます。ありがとうございました」

 

送る会の装飾担当は水木しげる様の送る会も行った『日比谷花壇』

 

送る会というのは、どうやら専門の業者の方がいらっしゃるようです。

中でも、『日比谷花壇』という業者の方は、水木しげる様の送る会なども担当したらしく、とてもユニークなデコレートをしていらっしゃるようです。


ちなみに、これが3500円程度だそうです。

値段も手ごろですし、送る会でこういったものがありますと、華やかになりますね。

祭壇やお花だけでなく、料理も担当したそうです

日比谷花壇様は、花のデコレーションの会社のようですが、料理のアレンジメントも行っているようです。

現に故人様の送る会では、演じたキャラクターをモチーフにした料理の数々がありました。

これっておにぎり?

いえ、違います。

ライスペーパーというもので、元々はタイやベトナムで春巻きとして使用されるものだそうです。

こういった装飾は、とてもかわいらしいですよね。

ドキンちゃんとバイキンマンが笑顔なのもポイントです。

(ドキンちゃんがハートマークなのは、食パンマン様でも見つけたのかな?)

 

お次は、ドラゴンボールよりドラゴンレーダー

これは、メロンパンですね。

管理人もパンを焼くことがあるのですが、メロンパンは結構面倒くさい

 

だって、パン生地とクッキー記事作らないといけないんですよ?

これが、地味に手間で、作る途中で

炭水化物と炭水化物をどうして同時に食わなければいけないんだ?お好み焼きとごはんの食い合わせと同列なのでは?

とか

すまん、クッキーとパン別々に焼けばよくね?手間も減るし…

という邪念と戦いながら作らねばならないのです…

それほど、メロンパン作りは修羅の道なのです…

 

しかし、この業者は、複数のメロンパンを失敗することなく、クッキー生地をメロンパンにきれいに張り付けていますね。このへんはやはりプロでしょうか。お花の業者と思いきや料理も一流ですね。

 

お次も、ドラゴンボールよりシェンロン。

とても、良い創作料理ですね。

 

……中華一番を思い出したのは、私だけでしょうか?

なんか、アニメの最終回のもやし鳳凰にそっくりな気が…

 

おっと、それ以上のコメントはやめておきましょう…

 

最後は、ドキンちゃんのマカロンと食パンマンのクッキー。

 

うーん、丁寧ですね。

デコレートも崩れていないですし、クッキーとマカロンが合わさったような演出も良い。

こういうキャラ愛を感じられる演出って良いですよね…

日比谷花壇様さすがだぁ…

最後に

このブログの初記事ということもあり、鶴ひろみ様の記事は比較的手直ししてきた気がします。

声優ということで、生前の声を付けようとしたのも、鶴様がきっかけですしね…

 

でも、送る会の業者の方や生前共演されていた声優の方々や事務所の社長様などを見ると、やっぱり違うなぁと感じてしまいます。

今まで、あまり感じていませんでしたが、故人は想った人の胸の中にいるって言葉が少しは身に染みて分かった気がします。

今回は本当に良い送る会だったと思います。

また、機会があれば、送る会の記事でも書きたいですね。

1つ捧げる2つ捧げる3つ捧げる4つ捧げる5つ捧げる

(まだ、このお墓は誰にもお花を捧げられていないようです。
……おや?あなたは5つも花束を持っているようですね?
どうですか?最初に故人様にお花を捧げてみませんか?
Loading...