今、この墓地には0人の方が来ています。

サザエさんの波平の声で親しまれた永井一郎様の命日がやってきました

今まで4人の人がこの方のお墓参りに訪れました。

このブログは基本的に開設してから亡くなった方しかお墓を作ることはありませんが、故人様は波平の声など私にとって非常に印象深い方でしたので今回お墓を作らせて頂きます。

 

永井一郎様は2014年の1月27日に心不全のため亡くなりました。

82才でした。

青二プロダクション所属のベテラン声優

青二プロダクションといえば2017年の終わりに亡くなったアンパンマンのドキンちゃんの声優、鶴ひろみ様も在籍していた事務所ですよね。

 

最期はサザエさんの波平の声などを演じ、その4日後亡くなりました

ちなみに、この時は最後の出演となりました。

最後の方の声はややかすれが目立ち、故人様の老いを感じさせやや悲しくなってきますね…

それもそのはず、故人様はこのアニメの収録から4日後に亡くなったのです。

つまり、声優として生涯現役だったってことです。

若くして亡くなる方が多い中、最期までやり通すってかっこいいですよね!

劇団上がりの歌唱力は圧巻の一言

しかし、もちろん20年前ほどですと劇団上がりということもあり、歌唱力は圧倒的の一言でした。

以下は天外魔境2外伝のカンビエというキャラクターが歌っている様子です。

歌唱力がばつぐんすぎます。

後任の声優の方々

  • 磯野波平…茶風林(目暮警部かな?)
  • ネテロ……銀河万丈(むせる人があてがわれましたね…)

糖尿病を患っていました

50代から糖尿病を患っていた故人様。

それだけでなく、食道ガンにかかり一時は声も出ないこともあったそうです…

芋焼酎との出会い

 声が出なくなった故人様を救ったのは芋焼酎でした…

ある日、食道ガンにより声が出なくなった下戸である故人様は後輩に誘われるままお酒を飲んだそうです…

 しかし、下戸であり糖尿病である故人様はあまり多くお酒を飲むことができません。

ですので、すこーしばかりだけ飲んだのだと思われます。

 

すると、あら不思議。お酒を飲んだ途端声の通りが良くなったそうです。

それ以降の故人様は糖尿病の影響が出ないようなお酒を探すことにします。

 

そして、最終的に出会ったのが芋焼酎という訳です。

でも、焼酎といってもアルコール度数の高いお酒です。

本当に大丈夫なのでしょうか?

 

倉敷芸術科学大学生命科学部教授・学部長の須見洋行教授

「血栓は血液中の血小板が凝集してできたものですが、そこに『フィブリン』と呼ばれる繊維状のタンパク質を引き寄せるために、強固な血液の塊になっていきます。正常な体(血管と血液)であれば、血栓の溶解に関わる酵素『t-PA(組織プラスミノーゲン活性化因子)』や『ウロキナーゼ』といった物質が血管内皮細胞から分泌されて、血漿(しょう)中に含まれる『プラスミノーゲン』という酵素に働きかけて、活性型の『プラスミン』というタンパク質分解酵素を作り出します。これが血栓を大きくしていく『フィブリン』を分解し、血栓を溶解していきます

実は焼酎と泡盛にt-PAやウロキナーゼの分泌、活性を促す効果があることが実験でわかりました。『酒を飲まない人』と『本格焼酎』『泡盛』を飲んだ人で比べると、t-PAやウロキナーゼの活性は、実に倍近くになっていました

むむ……

焼酎に血栓を抑える作用があることはあるようですね…

もっとも、糖尿病の状態で飲んだ方が良いかは疑問ですが…

 

しかし、血糖値に影響が出ないお酒を探した故人様にはこれがあっていたようで、実際サザエさんの波平などの声も問題なくこなしていましたよね…

お酒は適量を守れば万病の薬となるということなのかもしれません…

永井一郎様といえば…

故人への想いの数々

読み込み中 ... 読み込み中 ...

1つ捧げる2つ捧げる3つ捧げる4つ捧げる5つ捧げる

(まだ、このお墓は誰にもお花を捧げられていないようです。
……おや?あなたは5つも花束を持っているようですね?
どうですか?最初に故人様にお花を捧げてみませんか?
Loading...